二つの愛 ブラックジャック

二つの愛 ブラックジャック

私の顔が真っ赤になっているのはいい

大した問題文ではない

でも、どうして花奈がそんなに苦しそうなの?暗闇越しでも解る程の悔しさの混じる表情と、涙を我慢する花奈の表情に、私は醜い優越感と純粋な疑問を覚える

「……ん、したくないよ……できない……できないよ!!」涙をおさえることを辞め、感情のままに話す花奈

あなたも好きかも:パチンコ ハイスクールフリート
その理由に一切心当たりがなく……「ねえ、アリス!!」肩を捕まれ、涙声で花奈に訴えられる

その現状は間違いなく『どこかにある誤解を解かなきゃいけない場面』だというのに、私の中の醜い独占欲が『このままにしておけ』『今の花奈は私のことしか考えていない』と甘い誘惑を囁く

あなたも好きかも:パチンコ ハルル 経営者
そんな自身の暗い感情に後ろめたさと怒りを覚えながら、葛藤しているうちに花奈はさらに言葉を続ける

「私も!彼女の反転で終わるの!?」最早、花奈の『彼女』が誰をさしているのかもわからない

……おそらくリルトンのことを指しているのだろうけれど、そうだとしてもその後の「反転」がわからない

あなたも好きかも:セイント セイヤ スロット アプリ
……それでも私は想いを伝えよう

下心として、混乱している今なら、今だから受け入れてくれるかもしれない、という淡い期待を込めて

「私は───」「呪域『箱庭理喪郷(エデン・ブレイク)』っ!!何で、発動しない?ああ、そうだ

hpが──」「花奈!!!」びくっ、と反応して動きを停止させる花奈

私は滅多に大声を上げないから驚いたのだろう

全ての花奈の反応を、感情の発露を愛おしく思いながら私は想いを伝える

「──私は、片瀬花奈を愛している!」全ての時が止まり、無音の平原に私の声だけが響く

心臓の鼓動が周りにも聞こえると錯覚するほどにバクバクうるさく、顔が赤いことも足が恥ずかしさと恐怖で震えていることも自覚している

それでも、伝えた

嘘偽りない、仮面を被せた猫でもない、私の本心を花奈に伝えられた