サムライガールズ スロット 感想

サムライガールズ スロット 感想

トーマス商店の販売用制服? として採用はしよう

だが、これに付随する技術は売れないな

あなたも好きかも:ロッテ パチスロ 応援歌
危険過ぎる」 トーマスは青い顔で言った

誰に対しての恐れなのかといえば、それは当然『使徒』だろう

既存のテクノロジーを遙かに凌駕する、危険度の高い技術を潰して回っている一派の一員なのだから

 しかし今回、その技術をもたらしているのが、その一派の一員である私だというところが問題だ

あなたも好きかも:エヴア 9 パチンコ
「なるほど、これが危険だということはわかりました」 ドロシーは毅然とした態度で了解の言葉を口にした

機械で縫った服がどれほど仕上がりが良く、素早く、安価に作られるか、それに伴って何が起こるのか、容易に想像がつく

 ドロシーが言葉を続ける

「でも、この制服を着用することで得られるお店の印象度向上の効果は測り知れません

あなたも好きかも:ぜつろう パチンコ 新台
着用する従業員には守秘義務と管理義務を課す、ということでいいですか?」 これって、むしろ私が言いそうな言い回しだなぁ

「うむ……」 トーマスは苦渋の表情のまま頷いた

 服一着で大袈裟な、と思わなくもないけど、服一着から透けて見える技術的背景は、この世界の人間が見ても大きな広がりを持つことだろう

「どちらにしてもですね、まだ靴が到着していないので……

着用はそれからということでお願いします

ああ、試着はどうぞ

あと、男性用はないので、これはどうしようかと」「うむ……しかしこれは……凄いのは確かだな……」 トーマスがエプロンドレスの縫製状態やデザインなどを手で触って確認しつつ、時々中空を見つめている