シンフォギア パチンコ アプリ

シンフォギア パチンコ アプリ

「良いのか? 確かに俺たちの中じゃフォンセが一番魔法・魔術に詳しいと思うが……たったの一日で箒《ほうき》に乗れるようになって、"ホウキレース"で勝たなきゃならない……」 ライは心配そうにフォンセへ言う

幾ら才能があると言えど、一日で全てをこなせるとは限らないからだ

 ライの言葉を聞いたフォンセはフッと笑い、ライの言葉に返した

「ふふ……愚問だ

あなたも好きかも:アプリ パチスロ おすすめ
私を誰の子孫と心得ている? 箒《ほうき》に乗る術《すべ》など容易に会得してくれるさ」 自信あり気な様子のフォンセ

その様子からするにならば問題ないだろうとライも納得し、頷いて返す

「……分かった

まあ、確かに俺たちの中で素質があるのはフォンセくらいだろうからな

あなたも好きかも:パチンコ アカギ メーカー
……俺も魔王《この》力を自由に使えるなら力になれたかもしれないが、残念ながらまだフル活用出来ないからな……

フォンセが名乗り出てくれるのはありがたい」「ああ……毎回シメはライだからな

たまには私にも華を持たせて貰うぞ……?」 不敵な笑みを浮かべてライに話すフォンセ

こうして"タウィーザ・バラド"にて開かれる街を掛けた"ホウキレース"に参加するのはフォンセとなった

あなたも好きかも:神栖 スロット イベント
***** ──"タウィーザ・バラド"、大樹の図書館

 箒《ほうき》に乗るのがフォンセと決まったその日

ライたちは今一度本を確認しようと考え、大樹の図書館へ足を運ばせていた

「さて……ベヒモスの件があったからな……

また何か起こらないか確認しておく必要があるな」 本の確認とは記録の事もあるが、新たに文字が書かれていないかの確認という名目もあった