パチンコ ブレイズ

パチンコ ブレイズ

あなたも好きかも:麻雀ゲーム 対戦
藤色の小さな妖精の羽があり、おさまりの悪い赤毛は誰かが手を加えたのか、綺麗な編み込みにされていて藤色の小花を飾っている

「……………ロギリオス様?」こちらを見上げていた妖精が驚いたように目を瞠って初めて、自分が泣いていることに気付いた

首を振って涙を止めようとしたが、上手くいかずに何度も頷いた

「ロギリオス様、そちらの妖精の引受人となる旨、ご契約のサインをいただいても?」エゴンの声には穏やかな微笑みが滲んでいる

気の利いたことを言おうとして、また、ただ頷いて、ペンを取ろうと籠を片手で持ち直した

サインをするまでは籠を開けることも出来ないので、それこそ書き殴るようにサインを済ませる

あなたも好きかも:キングダム スロット
「…………呪物派生は特異種扱いだと聞いたことがある

ガレンに異種族婚姻の許可証を取りに行く必要があるだろうか?」サインした紙を持って帰ろうとしたエゴンを呼び止め、ロギリオスは慌ててその質問をした

慎重に籠を開けて出して貰いながら、ゲルタが涙目で微笑むのがわかる

「残念ながら

あなたも好きかも:オンラインゲーム βテスト 募集
ただ、ヒルド様からの結婚祝いだということで、既に許可証は発行されておりますよ

昨日あたり、郵送で届いている筈なのでご確認いただければ」「ヒルド殿が…………」「今回、この呪物の柱となっているのはゲルタ様であると気付かれた方がいましてね

変異が始まってすぐに、ヒルド様はこの日のことを見越して手続きを進めておりましたから」「し、しかし変異が始まってすぐでは、どんな生き物になるのかすら……」「ええ

それでも、例え何になろうと、そこに彼女の魂があるのなら、妖精はそうするものだと仰って」ぱたんと、床に涙が落ちる音でまた我に返る