織田信奈の野望 スロット 曲

織田信奈の野望 スロット 曲

 軽々しく大丈夫と言う気にはなれなかった

「・・・・・・仕方ない

エリスあたりに聞いてみるか」「そのほうがいいかと思います」 考助の言葉に、シルヴィアが安心した表情で頷いた

 結局、神のことは神に聞くのがいい、というよりも、聞くしかないのである

 考助とシルヴィアの会話で、なんとなく状況を理解したココロが、首を傾げながら聞いてきた

あなたも好きかも:ひろゆき 敗北 パチンコ
「いままで一日ごとで大丈夫だったのですから、いまさら変える必要はないのでは?」 そのもっともらしい問いかけに、考助はため息をつきながら答えた

「そうだね

これから先、いまの変化が安定するまで、管理層に誰も来ないと断言できるんだったらね」「それは・・・・・・ありえないですね」 考助の言葉に、ココロが首を振りながら答えた

 そもそもココロが管理層に来たのは、考助に会わせたい者たちがいたからだ

あなたも好きかも:香川県 スロット 爆サイ
 いまの状況を知ってそれは無くなってしまったが、こればかりはどうしようもない

 そんなことを考えていたココロに、今度はシルヴィアが問いかけた

「それで、ココロはなにをしに来たの? コウスケ様になにか用があったのですよね?」「そうなのですが、いまの話で先延ばししたほうがいいかと考えました」 そのココロの答えに、シルヴィアはやっぱりという表情になった