最新 パチンコ 機種

最新 パチンコ 機種

「あいつ、わざと紙を出したんだ」「……は?」「……前屈みになったら……中が見えるって気が付いたんだろ」 洋一は目を見開くと、もう一度優樹の頭を押し下げた

優樹がされるがままでいると、洋一は彼女の頭の前から覗き込んで何かを確認し、「……あいつ!!」と、怒りを露わに部室から飛び出した

立花と大介、そして勝則と華音が追い掛けると、生美は開け放たれたドアを閉め、愕然とした表情で胸元を押さえている優樹に近寄って肩を抱いた

「大丈夫

……洋一たちがケイタイを奪ってくるから」「……写メ……、撮られ……ちゃった……?」 震える声でそう言った途端、じわっと涙が目に浮かんで来た

 相川は慌てて優樹に近寄ると、生美の腕にしがみついて顔を埋める優樹を覗き込んだ

「大丈夫だよ先輩! あいつらがなんとかするって! 絶対なんとかするって!」 懸命に言う相川に、優樹は「うんっ……うん」と、数回頷く

白川はじっと考え込んでいたが、「……よし」と、手早くパソコンをしまい、優樹がテーブルに置いたミニロボ4号を持って部室を出た――

「南野!!」 アトリエに辿り着くなり、洋一がドアを叩くように開け、中に踏み込んだ

あなたも好きかも:北斗の拳 スロット ヤフオク
片付けを進めていた河合と南野は踏み込んで来た洋一たちを振り返って動きを止め、顔をしかめたが、怪訝な様子に構うことなく、洋一は怒りを露わに南野に近寄ると、身長の変わらない彼の胸ぐらを掴み上げ引っ張った

「ふざけた事しやがって!!」「……、はあ?」 南野は睨む洋一に方眉を上げた

あなたも好きかも:デザート・シャーク
「なに、おまえ?」「あいつに何したんだよ!!」「あいつ? あいつって?」「大島だ!!」「……ああ、あの子」 怒りを向ける洋一に南野は少し笑った

「何をしたって言われても、な

……オレ、何かしたっけ?」 河合を振り返ると、彼は訝しげに首を振り、立花たちを見た

「あの子の知り合いか何か? さっき、ここを出たけど? 何か用?」 不愉快げな河合を放って、立花は南野の胸ぐらを掴み上げる洋一の肩を掴み引っ張り、引き離してから南野を睨んだ