スロット 天外魔境

スロット 天外魔境

「……おい? ……優樹?」 ぼんやりとどこかを見つめる優樹は「……うん……」と、小さく返事をしただけ

 一平は顔の下で組んでいた腕を解くと、手を伸ばし、優樹のスカートを掴んで引っ張った

「おい? なんやねん? なんかあったんか?」 怪訝に問い掛けても、優樹はピクリとも動かない

あなたも好きかも:阿佐ヶ谷 パチンコ オーシャン
 一平は、またスカートを引っ張った

「言わんとわからんぞー? なんかあったんなら、それを言うてみいや

検査のことか? 流のことか?」 優樹は少し目蓋を震わせ、ぼんやりした表情は変えぬまま、ゆっくりと一平に目を向けた

「……流君に、……会ってて……」「おう、そやったんか」「……さっき……留学先で、知り合った子が、来て……」「……、へ?」「……交換、留学とかで……バケーションに、入ったから……

それで、流君に、会いに……来たんだけど……なんだか、様子が……おかしくて……」「ど、どういうこっちゃ?」 「留学先で知り合った子」という言葉でドキッとはしたが、それは押し隠し、ぼんやりとした表情のままぽつりぽつりと告げられても意味がわからず、視線を落とす優樹に一平は少し焦った

あなたも好きかも:石橋貴明 カジノ
「な、なんか言われたんか?」「……英語……わからなくて

……何話してたか、全然わかんないんだけど……、エリザさんって、女の子が……流君に、何か……すごい……怒ってたよう、な……」 一平の顔色がサッと変わった――

「……流君、も……何か……困ってた、ような……」「な、流はなんか言うとったかっ?」 焦り気味に問うと、優樹は俯き、間を置いて小さく頭を振った

あなたも好きかも:武蔵浦和 スロット
「何も……

でも……厄介事、みたいで……」 呟いていた優樹は、肩の力を抜いてため息を吐いた

「英語……わかんないんだもん……

何話していたのか……全然わかんない……」 わからなくて大正解!! と、内心突っ込んだその言葉は決して口には出せない

 一平はドキドキしながらも怪訝に眉を寄せた