10bet ボーナス

10bet ボーナス

 助詞「は」と助詞「とは」「には」「では」「のは」「からは」はすべて別の助詞と見なされるのです

ふたつの助詞を組み合わせて生まれた助詞は、機能が細分化された「まったく別の助詞」として扱われます

あなたも好きかも:トータル・イクリプス スロット 感想
 これが日本語の文法を複雑にしている一因です

主人公の前のアイテムの持ち主の知り合いが現れる この標題はご質問いただいた方が例示してくださった一文です

助詞「の」が四つあります

 私がこの文の作者ではないので、真意がとてもつかみにくい

「主人公が前に使ったアイテム

その持ち主の知り合いが現れる」「主人公が前に使ったアイテム

その持ち主である、(主人公の)知り合いが現れる」「主人公の前にアイテムがある

その持ち主の知り合いが現れる」「主人公の前にアイテムがある

その持ち主である、(主人公の)知り合いが現れる」「主人公の前にアイテムの持ち主がいる

その知り合いが現れる」 この五通りが考えられます

あなたも好きかも:パチンコ 柏市
 とりあえず、この五つの文例がそのまま助詞「の」を減らした回答例です

あなたも好きかも:スロット 効果音 無料
どの文例が正しいかは、この標題を作った方の一存で決まります

 そうなのです

 助詞「の」を連続させると、それだけ文意がわかりにくくなります

 読み手に複数の文意を想像させることになるからです