バチンコ海物語

バチンコ海物語

 ちなみに本人はマリトの頼みと聞いて二つ返事で了承、兄様の唯一無二の友人ならばこの命に代えても! と意気込んでいる

「聞こえているぞミクス、むしろ声が大きすぎて聞き取り辛い」「まったまたー!」 ミクスは愉快そうにこちらの背中をバシバシと叩いてくる、痛い

  こう、常にテンション高い系のキャラとの交流はこの世界では初めてなのだが……正直疲れる

 ちなみにミクスは放浪の身、立場など一切気にせず誰にでも同じように接してくる

 道中絡まれ続けたラクラはとっくにダウン

 ウルフェとは相性が良いものの、イリアスからすれば元王女だ

あなたも好きかも:ぐらぶる カジノ 交換
 顔が上がらず、そのテンションの高い会話に呑まれっぱなしになる

あなたも好きかも:009 パチンコ 219 セグ
 おかげで馬車にはぐったりとしている二人、いやこちらも含めれば三人がガーネはまだかと空を眺めているのだ

「ご友人、馬車は苦手なのですか? ラッツェル卿やラクラ殿も酔い止めの薬をどうぞどうぞ!」「お前に酔っているんだ、そっとしてやってくれ」「なんとまあ! もう、ご友人は女性を口説くのが上手なのですな!」 照れた顔ではにかみながらバシバシと叩かれる、痛い

 イリアスほどの怪力ゴリラではないが名を馳せているという話は嘘ではないようだ

 ゴッズの腕力よりも上だと思います

 騒がしさを加味して表現するのならばポジティブチンパンジーだろうか

あなたも好きかも:プロト スロット
 元々濃いメンバーだと自負していたのだがさらに濃い奴が来るとは予想だにしていませんでしたとも

 それはさておき、平野とだけあってそれなりの距離からでもガーネ本国が視界に映る

 一言で言えばでかい、ターイズ本国は周囲を巨大な城壁に囲まれていたのだがガーネにはそれがない

 中央に位置するガーネ城の周囲には立派な城壁も見られるがそこから先は一定間隔で仕切りのように建てられた小規模な塀くらいだ

 何故外敵から国土を守るための防壁を用意しないのか、それは広大な平野に存在するガーネ本国は今もなおその領域を拡大しているためだ