パチンコ 天元 突破 グレンラガン

パチンコ 天元 突破 グレンラガン

「バケモノ共がっ!死ねーっ!!」くっ!?いつの間にか僕の背後からも別の兵士が迫っているようだった

振り下ろされる刃からは逃れられないと思う

「くっそぉっ…!!!」力いっぱい歯を噛み締めて、痛みをこらえるしかないと思った

魔術を詠唱する余裕なんてなくし

背後を振り返って、兵士の刃を受け止める力もなかったからだ

逃げ切れない刃に対して死を覚悟するしかなかった

あなたも好きかも:ひぐらしのなく頃に 絆 スロット 疑心暗鬼
そんな僕を…「させないわっ!!」悠理が庇ってくれたんだ

あなたも好きかも:パチンコ メーカー 倒産 噂
『ザシュッ!!!』と斬撃音が響き渡ると同時に舞い散る鮮血

「ぅっ…ぁぁぁぁっ…!!!!」兵士の一撃を受けて崩れ落ちた悠理の悲鳴を…その苦痛に染まる表情を…僕は間近で見てしまうことになったんだ

「ゆっ…悠理ぃぃぃぃっ!!!」僕を守るために、悠理が傷ついてしまった

それなのに

悠理は僕に微笑みを返しながら、兵士達に向けて魔術を放っていたんだ

《サイド:近藤悠理》だ、か、らっ!!「仲間に…手を出すんじゃ、ないって…言ってる…でしょ…っ!」全力で放つ炎の球

あなたも好きかも:秋葉原 スロット アイランド 抽選
これが私に残された魔力で放てる最後の魔術だったと思うわ

地面に着弾した炎の球が一気に燃え上がって火柱に変わっていく

その炎に巻き込まれ兵士達がことごとく倒れていく姿が見えたわ

「「「「「ぐあああああああっ!!!!」」」」」戦場に響き渡る兵士達の悲鳴

ほとんどの兵士達が倒れたことを確認してから、私は微笑みを浮かべたのよ

「ふふん…