マクロスデルタ パチンコ 評価

マクロスデルタ パチンコ 評価

 そんな裏の駆け引きが行われているとはつゆ知らず、ダナは今日もミストと話をしていた

あなたも好きかも:パチンコ 当たりが近い台
 今日の話題は、セントラル大陸中に広がっている組織であるクラウンの話だった

あなたも好きかも:パチスロ ライター エミ
「そういえば、ダナはクラウンに所属されたりはしないのでしょうか?」 クラウンといってもそこに所属している者は多種多様な人材がいる

 それこそクラウンの代表的な職である冒険者から、商人、職人まで様々だった

 孤児とはいえ生まれたときからセントラル大陸で過ごしてきたダナにとっては、それが当たり前という感覚になっている

あなたも好きかも:地獄少女 スロット 図柄流し
 だが、大陸外からきた者たちにとっては、そうした様々な分野が統合された組織はまだまだ珍しい

 その珍しい統合組織であるクラウンには、占い師たちが所属している部門も存在している

 ミストの問いかけに、ダナは難しい顔になった

「うーん

どうでしょう? 今のところは考えていませんね」「ほう? なぜでしょう?」 ダナの返答に興味を持ったミストが、わずかに前のめりになって聞いてきた

 ミストの初めてのその様子に、若干驚きつつもダナは慌てた様子でパタパタと手を振った

「いや! そんなに深い理由はないんですよ! 単に今のままのほうが気楽だからいいかなって」「ふむふむ

そうなのですか

私のような者からすれば、あなたのような職の場合は、組織に属したほうが安定できるからいいと思うのですが」 その組織がどういう形態になっているかでもらえる賃金も変わってくるが、基本的には安定した収入を得ることが出来る