ベルサイユのばら パチンコ 曲

ベルサイユのばら パチンコ 曲

アウディーンはさすがに自制が効いていたが目からにじみ出るものは隠しようもなかった

(いやーホント好かれてるお爺ちゃんなんだなあ) とその様子をしみじみと見ていた風音だが、とりあえず分かっていることは告げておいた方が良いだろうと思い、頃合いを見てメフィルス王に話しかけた

ここ数年来が嘘のように軽いな

カザネ、そなたには本当に感謝する」「いやいや、それほどでもあるよ」 横で弓花が「自重しろ」と口パクで伝える

あなたも好きかも:ガンダムユニコーン パチンコ 好調 台
無論伝わらなかった

「それで王様、ちょっと聞きたいんだけど」「なんであろう

あなたも好きかも:saber interactive ビデオゲーム
なんでも言ってみせよ」「王様は今もルビーグリフォンとの繋がりを感じられる?」その風音の言葉にメフィルス王は眉を若干しかめるが、しかし風音の言葉が確認であることを理解し、隠せるものではないと素直に言葉を返した

「感じるだけならばな

あなたも好きかも:ベラジョンカジノ 退会
しかしこの病んだ身体では呼び出すことはおろか今はあいつの気配の半分も感じられぬよ」 アウディーンは横で「それは真ですか?」と訪ねる

どうやらアウディーンにも知らされていなかったようだ

「いや、王様のその認識はかなり正確だと思うよ

実際、ルビーグリフォンはもう半分以上存在を変質化しているみたいだしね」 その言葉にメフィルス王は目を閉じ、何かを感じたのか、再び眼を開いて風音を見る

確かに言われてみればそうした感じはあるやもしれぬ

それは先ほどの呪いと関係があるのだな」 メフィルス王の問いに風音は頷いた

「王様の中にあった呪いはルビーグリフォンの主要素である炎のファクターを闇のファクターに書き換える変換装置だったみたいだね