mb スロット

mb スロット

サヤがそんなつもりじゃないの、分かってるのに! 襟元というか、む、胸元というか……っ、網膜に焼き付いてしまったようにちらつく記憶に必死で蓋をしようとしたけど、駄目だ

物凄い鮮明! 別に初めて見たわけじゃないのに、何回も目にしてるし、触れたことだって……っていうかそれ考えたらその何回もや触れた時の記憶までが脳裏にチラつく逆効果! それを誤魔化すために俺も、口を動かすことを選んだ

「簪のことは、本当に、ごめん! ……本当にもう、別になんとも思ってないんだよ

あなたも好きかも:スロット エヴァンゲリオン 魂の軌跡
 ただ、俺の考えが至らなかったことが……余計なこと言っちゃって、サヤに不快な思いをさせてしまったってことが気になって……

 もうそういった失敗をしたくないと思ったら、こう……話題を……選べなくなっちゃって……

 当たり障りないことしか、口にできなくなってしまってただけで、不機嫌だったわけじゃないんだ」 行動が裏目にしか出ていない……

 結局失敗に失敗を上塗りしてしまっていたことが、申し訳ないやら情けないやら……

 贈り物だって、別に強要したいわけじゃない

ただ俺は……

「俺たち、まだ片手で数えられるくらいにしか、逢瀬を重ねてない……

あなたも好きかも:パチスロ 凱旋 ステージ
仕事仕事で、恋人らしいことって全然……やってない

 だからつい、せめて何か、贈り物くらいはって、考えてしまって……

 この時間を特別に考えてしまって……」 本来だったら、最低でも月に一度は逢瀬を重ねていくべきなのだ

あなたも好きかも:ドラゴン スロット 評価
だけど俺は、その用意すべき時間すら与えていない

 そうして重ねていく恋人との時間の中で、もっと沢山のものを、サヤに贈っているはずなのだ