風雷のシレン パチンコ

風雷のシレン パチンコ

「王都を落とし、王家を滅ぼす

そしてこの戦いを終わらせよう」 そのためにはまず、王都に至る道筋を作らなければならない

 そしてそれだけは騎士団の力を借りず、反乱軍の手のみで行うべきだ、と彼は考えていた

あなたも好きかも:4 日 パチンコ イベント
 とはいえ、聖石旅団を中心とする反乱軍の戦力だけでは、頼りないのも事実だ

あなたも好きかも:テラフォーマーズ スロット ゾーン
いくら相手が政府軍のみとはいえ、城塞化した都市を攻め落とすには、それなりの戦力が必要なのだ

そのための募兵だったのであり、兵力の増大は、そのために必要不可欠だったのだ

そして、募兵のおかげによって、彼らの思い描く戦略を成功に導くための戦力を得た

「まずはシールウェールだ」 ゲイルは、王都マルディオンの南西の都市を指し示した

「そこに彼をぶつけようと思う」「彼……?」「トラン=カルギリウスか」 ヌァルドが目を細めたのは、彼がトラン=カルギリウスの実力を疑っているからにほかならない

あなたも好きかも:スロット レバー 戻らない
 トラン=カルギリウスは、この度の募兵に応じ、反乱軍に身を投じた人物のひとりだが、マルディアの軍人でもなければ民間人でもなく、マルディアの人間ですらなかった

 異国――ヴァシュタリア共同体出身の流浪の剣士なのだ

 だが、彼の名を知らぬものは、大陸全土にいまい

“剣聖”トラン=カルギリウスの名は、“剣鬼”ルクス=ヴェイン、“剣魔”エスク=ソーマよりも高名であり、大陸中に鳴り響いている

 彼と彼のふたりの弟子が反乱軍に参加したことは、反乱軍の士気を大いに高め、戦意を昂揚させるに至っていた

 ゲイルが騎士団の到来を待たずに動き出すことに踏み切ったのも、“剣聖”の参戦あったればこそであり、彼は、トラン=カルギリウスの剣技に魅了されてさえいた

「彼は、本当にあの“剣聖”なのか?」「ヌァルド、おまえも見ただろう

彼の剣技は、常人にはなすことのできないものだ