オンラインゲーム 悲惨

オンラインゲーム 悲惨

立場上私が何かを願えばそれを叶えてくれる存在なんて溢れる程いる

あなたも好きかも:ドラクエ4 3章 カジノ
でも私の秘密を全て話してもなお私に意見して、対等に接してくれる人はハナしかいない」「私はハナとはまだ対等な関係でいたい」「ハナは…どう思う?」私、私は…「私もアリスとは対等な関係でいたいよ…」「でも私はアリスを傷付けた…それに私はこの世界の異物だ

あなたも好きかも:スロット 回転数 カウンター
本来あるべき人達と対等だなんて許されるの?」「ハナは『許されるの?』と問うた

でも誰に許して貰うの?神?異世界人なんだからそれこそそんなものに許される必要ないでしょ?」「それに…」アリスは一旦話を区切り時間を確認する

「確かに私は昨日の出来事でハナに下半身を斬られ四肢を欠損させられた…」待って!そんなこと私知らない!え?私はそんな…え?脳が情報を理解するのを拒む

「待って!私はそんな酷…」…い事をしたの!?そう続けようとしたが物理的に手を使って口を塞がれる

「わかってる」「…でも…それでも私はハナを殺そうとは一切思わなかった」「だからハナじゃなくて象徴の方を狙った」「その結果難易度が上がったけどね」「…でも自分の命が懸かった場面でもハナを殺そうとは思わなかった…いや、思えなかった」「それは異世界人だからとか国とって利益になるからとかじゃない」「純粋に私がハナを生かしたかったから」「それが例え私の命を奪う危険性を上げる事に繋がっても…ね?」「ハナの言葉を借りると…」「ここは夢の世界らしい

全てがハッピーエンドになるお伽噺の世界らしい」ようやく口から手を離して貰えた

「それは…」「ならこのお伽噺の主人公は私ではなくハナ」童話の主人公(アリス)はそう断言する

「主人公が死ぬ物語なんてつまらないでしょ?」「私は所詮脇役

だから脇役の出番(命)を犠牲に主人公が生きられるなら脇役としてこれ以上ない活躍じゃない?」「アリスは脇役なんかじゃない!」それにそんな命の使い方はだめだ

アリスみたいな人を犠牲に私は…「アリスは私より頭もいいし魔法も使える

それに器も広いし性格もいい

あなたも好きかも:韓国 カジノ パチンコ
そんな人を差し置いて私が主人公なんてありえない!」私の本心からのアリスの評価を伝える

「………社交辞令を有り難う御座います?」私の突然の言動に困惑したのか、少し間が開く

「いや、社交辞令じゃないよ

私は自分とアリスならあらゆる面でアリスの方が優れてると思う

私が優れてるのは異世界転移による僅かな知識だけ

そしてその知識に関しても時期に私をアリスが超えていく」「その僅かな知識が重要