そんなのあたしが許さない スロット

そんなのあたしが許さない スロット

しかし、それより早く御陵屋敷を抜け出すのは、護衛の警備体制の厳しさから困難を極めるものだった

武装召喚師たちが召喚武装を展開し、周囲の警戒に当たっているのだ

午前零時の警備担当の交代の瞬間を狙う以外、セツナがだれにも見つからず屋敷を抜け出す方法はなかった

あなたも好きかも:ジャリンジャリン稼ぐぜ
 ただし、抜け出してしまえばこちらのものだ

 闇よりも深い黒き鎧を身に纏ったセツナは、夜空に溶け込むようにして御陵屋敷より飛び立ち、その勢いのまま、戦宮へと向かった

あなたも好きかも:スロット セイントセイヤ 海王 不屈ポイント
戦宮上空に到達するまで、セツナを見咎めるものなど、だれひとりとしていなかった

視線など感じるはずもなければ、警備の目が届くはずもない

あなたも好きかも:モンハン スロット 設定 6
セツナは、遥か上空を飛翔していたからだ

 戦宮を見下ろすと、警備の護峰侍団隊士たちが携行用の魔晶灯を手に巡回していることがわかる

それはなにも戦宮に限った話ではなく、空中都の住宅街全体が護峰侍団による巡回対象となっていた

リョハンが常に安全で平穏を享受していられるのは、そうした護峰侍団の普段からの努力によるものだろう

常に警備の兵を巡らせることで犯罪の発生を未然に防ぎ、たとえ何らかの事故が起きたとしても即座に対処、対応することができているに違いなかった

もっとも、リョハンに於ける犯罪の発生率というのは極めて低く、巡回するまでもないというのが護峰侍団の見解らしいのだが、それでも万が一ということもあり、あらゆる事態を想定した上で警邏を行っているのだろう