サンライズ スロット

サンライズ スロット

第一城壁の内側を見下ろすと、城壁の石材の破片が堀の中に散らばる瞬間を目撃した

 城壁を破壊した皇魔が、そのままぶち破ったのだ

「軍団長!」「なんだ!」「皇魔に動きが!」「なに!」 城壁に大穴が空いたのだ

そこから市内になだれ込めば、制圧も決して難しいことではないと踏んだのかもしれない

あなたも好きかも:三宮 スロット アクセス
そしてその通りだ

相手は大量の皇魔

質も数も敵が上

まともに戦って勝てる相手ではない

だからこそ城壁と堀を二重にしたのだ

あなたも好きかも:スロット 店長交代
 皇魔といえど、これほど強固な城壁ならば、簡単に破壊できるはずがない

人々の想いは、一瞬にして踏みにじられた

「全部隊、弓射を再開せよ!」 ミルディは叫びながら、第二城壁が破壊される音を聞いた

「先もいったように、マルウェールは囮です

敵は、我がほうの戦力の膨大さを恐れている

まともに戦っていては、勝ち目がないと踏んでいる

勝ち目がないから、策を弄した

マルウェールに戦力を集中させ、多少なりとも隙の生まれたクルセルク本土をジベルとアバードの軍勢で攻略する……連合軍の目論見は、そんなところでしょうね」 だれが立案したのかは知らないが、その策自体は、決して悪いものではないように思えた

相手がクルセルクでなければ、思惑通りに機能し、連合軍に勝利をもたらし得ただろう