パチスロ 当たらない

パチスロ 当たらない

 成功しているとはいえ、考助としては魔道具の生産だけで儲けて行こうなどとは全く考えていないため、量産することは出来ない

 マジックボックスの開発に成功した考助に、シュミットが何としても量産できるように打診したのは当然の事だろう

 その考助がこうして打ち合わせをしているのは、量産化のある程度の目途がついたからである

 目途が立ったと言っても問題がないわけではない

 最大の問題は、普通のポシェットやバッグにマジックボックスとするための魔法の処理をすることだ

「空間魔法の使い手ですか・・・・・・」 考助の要求に、ダレスが渋い顔をした

 空間魔法は、転移魔法などが使える魔法使いという事になるので、大体は国が抱えている財産ということになる

あなたも好きかも:メタルギアソリッド スロット 573
 転移魔法が使える魔法使いがいるかいないかで、戦争があった場合に大きく結果が変わってくる可能性があるのだから、当然と言えば当然だろう

 そんな人材が、ただの魔道具を作るための仕事に来るはずがない

 何より人件費が大きくつくのは間違いないだろう

あなたも好きかも:ガロ スロット パチンコ
 それは考助も分かっていたので、考えていた次の提案をした

あなたも好きかも:オンラインカジノ 無料コイン
「では、魔力を扱える奴隷は?」 この問いには、シュミットとダレスが顔を見合わせた

 この世界においては、聖力か魔力のどちらかが扱えるのは当然なのだ

「それは、当然いますが、空間魔法の使い手にはなりませんよ?」 そもそもそんな素養があるとすれば、奴隷になどなっていないか、もしくは既に高く売られてしまっているだろう

 だが、考助にも考えがある