バカラ ブランデー グラス

バカラ ブランデー グラス

え、石投げてくるんですか、あいつ」 生美が唖然と問うと、みんなも引き攣った笑みを浮かべて注目する

「石っつーても砂利な

手一杯の砂利をどこからともなく投げ付けられて

あなたも好きかも:ポケモン 初代 スロット
怪我はなかったけど、かなりダメージ食らってたな、あれは

オレも巻き込まれたし

一握りのミミズってのもあったな

あれ食らったあとはさすがに渡に近寄ろうって気にはならなかった」 うんうん、と、渋い顔で思い出して目を閉じ頷く達也に、反町は目を据わらせ、嫌そうな顔でいる優樹を窺った

「……、水だけかと思ってたんだけど?」「……

蜂」 申し訳なく答えられて、「……

なるほどね」と、ため息を吐く

あなたも好きかも:スロット まどマギ 穢
「ま、まあ……けど、怪我しないだけマシだよな」 洋一が場を取り繕うように笑うと、「うんうん」と、傍にいた白川が笑顔で頷いた

「だいじょぶだいじょぶ

みんないるしさー」 そう言ってドアの横にある窓に近寄って外を覗った

「一度ガツンと怒ったら、あいつも、怖いーってなって、いたずらやめるだろうしー」「だといいけどな」 と、達也が意味深な笑みを浮かべる

白川は彼を振り返ろうとして、視界の隅に何かが見えて「……、ん?」と怪訝に眉を寄せ、動きを止めた

窓の外に目を戻す、何かぎこちない彼に気付いた相川は「どうしたどうした?」と背後に寄って同じように窓の外を眺めた

「……なんだよ? なにもねーじゃん」「……、ほらあれ」 と、白川に指を差されてそちらに目を向けると、相川もピタッと硬直する