レイン・ボールズ

レイン・ボールズ

あなたも好きかも:花火 スロット マットブラック
『“直竜”──Lv40』「嘘だろ……! Lv40だと……!?」「なんて強敵だ……!」「さっきの飛竜ですら苦戦したのに10レベも上がるのかよ……!」「くそ!」 名を直竜

その名前の示す通りストレートな竜だな

響きが異名や二つ名的なニュアンスにも思えるが、どうやらそれが正式名称みたいだ

直進攻撃を得意にしているって感じか

 そしてそのレベルは40

あなたも好きかも:カジノ ダイス ルール
俺達にとっては低いが、Lv30前後しかない他のプレイヤーにとってはかなりの強敵だろう

あなたも好きかも:岡山 パチンコ 来店
「いや、大丈夫だ! あの飛竜達を撃退したんだぞ俺達は!」「そうだ! 百以上は居た飛竜に比べれば、この竜は一体だけ

大した事はない!」「ああ! 俺達元高ランクプレイヤーの実力、見せてやる!」 だが、怯む様子はないみたいだ

 レベルの高い相手は他のプレイヤー達にとってももはやお馴染み

特定の条件を満たさなければコンティニュー出来ない世界だが、その気概は残っているのだろう

「直竜の大きさは六メートルくらい

家一軒の半分並はあるな

この大きさだとここに居るプレイヤーの人数で攻めたら味方を巻き込んでしまうかもしれないし、どうするか」「何もしないで見ているだけという訳にはいきませんよね

どうしますか?」「うーん……よし、しれっと混ざってさっさと倒すか」 レベル差的に見ても、俺達なら簡単に勝てる程度

なのでここは大々的には行動に移さず、さっさと倒して他のプレイヤー達についでに自信を付けさせるのが一番だろう

「食らいやがれ!」 その瞬間、一人の狙撃手《スナイパー》が直竜の頭に砲撃を与えた

その命中力は中々