南町田 スロット

南町田 スロット

分かったのは唐突に禁術の術式という情報を彼が入手したというだけ

それ以外は彼は今まで通りの魔術師としての生活を送っていたようだった

不自然なところは基本的には無い

唯一ある大きな矛盾は彼が唐突に禁術の術式を手に入れたという一点に限られる

あなたも好きかも:まどかマギカ スロット ソウルジェム
その経緯も状況も一切不明

本当に唐突という言葉以外に言いようがない程にその経路が謎に包まれているようだった

「姉さん・・・つまり、誰かがあの魔術師を利用して何かしようとしてたってことですよね?しかも結構厄介な魔術師が」魔術の事情などに詳しくない康太もなんとか頭を働かせてこの事件が何者かの策略によって引き起こされたものであるという事を把握していた

「まぁまとめるとその通りですね

あなたも好きかも:パチンコ 薄桜鬼
記憶操作などに長けた魔術師であれば不可能ではないかもしれませんし・・・」「禁術の閲覧が比較的容易な魔術師も容疑者に入りますね・・・全く面倒な・・・」真理と文のまとめに支部長は頭が痛いよとうつむいてしまう

禁術の情報というのはおいそれと閲覧できるようなものではない

それが可能になる魔術師というとかなり絞られる

あなたも好きかも:あなざー パチンコ
さらに記憶操作に長けた魔術師となればさらにその数は絞ることができるだろう

「ちなみにさ、今回の禁術って今までに似たようなことが起こったから決められたんだろ?それならその関係者辺りを調べれば・・・」「確かにその通りなんだけどね・・・同様の事件が起こったのはもうだいぶ前で当時のことを知っている魔術師はもうほとんどいないんだ

書物で当時のことを残すのが限界でね」そう言えば文も今回のと同様の事件を書物で見ただけだと言っていた

恐らくは先のような事件を起こさないように当時の魔術師たちが記述を残していったのだろう

万が一にも魔術の存在が露見しないように後世に伝えるために

「誰が禁術の情報を手に入れたのか、そして何が目的でワイズマンに提供したのか、それを捜査する必要があるだろうね・・・まぁどちらにしろ君たちにできることはもうないかな

今回は助かったよ」「いえ、うちの生徒たちを守るのが第一の目的でしたから」文が堂々とそう言ってのける中康太はふと思う