でっどおああらいぶ スロット

でっどおああらいぶ スロット

あなたも好きかも:中央林間 パチスロ
目元を染めて恥じらっているが、最近の魔物はこの程度では誤魔化されないぞという密かな抵抗を見せることがある

ふと、そんな頑固な眼差しに嗜虐心が生まれた

「…………っ?!」「ディノ?!」次の瞬間、ディノは派手な音を立てて椅子から落ちた

ついつい悪戯をしてしまったネアが慌てて助け起こそうとしたが、目を瞠って真っ赤になったまま呆然としている

あなたも好きかも:アクエリオン 新作 パチンコ
後ろに押し出された揺り椅子が大きく揺れており、事件の衝撃を物語っていた

あなたも好きかも:パチンコ やめられない人
「だ、大丈夫ですか?もの凄い落ち方をしましたよ?!」「…………大丈夫じゃない」「え、」床の上で頭を抱えて丸まってしまった魔物に、背中でも打ったのかと思ってそっと腰のあたりを撫でてやれば、わしっと手を掴まれて止められた

「ごめんね、今はちょっと刺激しないで」「この触り方でも響いてしまうくらい、どこか痛いのですか?」「責任取ってくれるなら、もっと触ってもいいよ」「落下までは自己責任なので、言葉の行き先が行方不明です」「………ネアに攻撃された」「…………む」そこで漸く、どうして魔物が椅子から落ちたのかがわかり、ネアは目を丸くした

決して色事と無縁ではなかった筈なのに、どうしてこの魔物は時々こんな風に純情になってしまうのだろう

(……いつもディノが不意打ちでするみたいに、唇に口付けただけなのに)それも、こちらの世界では挨拶代わりにもされてしまうくらいの、軽やかなものだ

その程度でここまで重傷になってしまうのならば、一体今までのそちらのご経験はどれだけ専門的なものだったのだろう

(何だろう、やっぱり手に負えない気がしてきた)「………ディノ、ふと思ったのですが、本当に私で大丈夫ですか?あまり専門知識がないのですが……」「………ごめん、不安にさせたね

きちんと慣らしてあげるから怖がらないでいいよ」「しかし、今の様子を見ていると……」「ネアが間違ったことをした訳じゃないよ

ただ、………初めてのことだったから、驚いたんだ」「…………初めて」普通の口付けすら初めて与えられたとは、今まではどんなことをしてきたのだ

もはや専門的過ぎてネアには見当もつかない

首を傾げたネアに、ディノは床に蹲ったまま、なぜか少し寂しげな微笑みを浮かべた

「……でも君は、これで私が止めようと言えば手離してしまえるのかい?手離したくないと、考えてくれるようになったと思っていたのに」「心の準備なく、理由も分からずにぽいっとされるのは悲しかったです

胸がキリキリしたので二度と御免ですが、予め懸念していたような事情故だとか、自分の問題で解消する分には明確な理由があるので……」「君は残酷だね」「むぅ、それは否めませんので、ディノが上手く私が逃げない程度で調整して下さい