あした の ジョー 2 スロット

あした の ジョー 2 スロット

「わわ……!」 その衝撃で地盤が歪み、少し浮いたレイだが何とか体勢を立て直した

……ふう……」 レイはその衝撃に思わず声を上げたが、周りを見渡し隙だらけの自分へ襲い掛かろうとする者が──「よう? 大道芸でもやってんのか?」 ──一人しか居なかった事へ安堵した

あなたも好きかも:車 オンラインゲーム
「別にやってないよ

あなたも好きかも:アイ・オブ・ザ・ストーム
……けど、アナタでしょ? 天井を私目掛けて降らせたのは」 ザッと、その一人

──ジャバルへ返して勇者の剣を構えるレイ

「オラァ!!」「ダリャ!!」 そんなレイに向け、床下に潜んでいたシャドウの部下達が飛び掛かってきた

「……! 床下に!?」 レイはその者達を一瞥し、その者達の姿を確認した

「「ダラァ!!」」 その者達は勢い止めず、魔力を溜めてレイへ放──「邪魔!」「「グッハアアアァァァァ!!!」」 ──つ間も無く、勇者の剣によって薙ぎ払われた

「その剣……何か妙だな……? 魔力か何か仕込んでんのか?」 そして、下っぱを薙ぎ払ったレイを見たジャバルはその剣に違和感を覚える

あなたも好きかも:パチスロ マクロス フロンティア 2bl
 人間の女性であるレイが振るうだけではそのような威力が出ない筈だからだ

「……アナタに言う筋合いは無いよ!」 そんなジャバルに向け、剣を構えながら教える気は無いと告げるレイ

 それを聞いたジャバルはクッと笑いながら、「……そうか

……なら、戦いの中でどんな仕掛けがあるのかを見ていくしかねェな……行くぞ?」「……!」 大地を踏み蹴り、レイとの距離を詰める

「ダラッ!」「……ッ!」 ジャバルはそのまま蹴りを放ち、その蹴りを剣で受け止めるレイ

 それによって辺りに金属音が響く

そしてその衝撃でレイは吹き飛び、背後の壁に激突して壁が少し凹んだ

「ケホッ……! ケホッ……!」 その威力のあまり肺から空気が抜け、苦しそうに咳き込むレイ

 そんなレイの口からはほんのりと赤い液体が垂れていた