ブラックジャック ねた

ブラックジャック ねた

 ミラはふふん、と笑った

「なら、しばらく学園にいたらー?」「はあ!?」「先生には後で話しとこーよ」「いや、でも……」 ライアスは男をちらと見る

 助けた手前、見捨てることはできない

あなたも好きかも:パチンコ 蒼天の拳 天刻 評価
 自分たちを教える師が、ひとたび拾った命への責任感の強さなどを知っているため、弟子たる自分たちがそこを蔑ろにすることに罪悪感を覚える

 嘆くように頭を掻いた

「わかった、そうしよう」「ふふ」「おっさんもそれでいい?」 ライアスがぶっきらぼうに問う

 男は、困惑気味に頷いた

あなたも好きかも:amazon ブラックジャック
「君たちが良ければ」「じゃあ、よろしく」「ああ、少しの間だがよろしく頼む」 男は二人に対して再び頭を下げた

「こうなるのは予想していたがな」 セツナは、激戦地と化したサーファジュール市内を突き進みながら毒づくようにいった

あなたも好きかも:パチンコ 月にいくら
「いくらなんでもこりゃあんまりだ」 サーファジュール外周城壁北端部より、城壁上の神人、神獣を一掃しながら市内へと至ったセツナを待ち受けていたのは、市内に残っていた神人神獣の群れと、総勢三万の抵抗軍将兵たちだ

抵抗軍将兵の中には当然のように武装召喚師がいたものの、その絶対数は少ない

多く見積もっても三桁には届くまい

とはいえ、それら武装召喚師が全員セツナひとりで相手にするとなれば難関となるだろうが、そのようなことはなかった