オンライン麻雀 賭け アプリ

オンライン麻雀 賭け アプリ

「おまえこそどこにいるんだ!!」 眉を吊り上げ怒鳴り訊くと、《南校舎の四階》と答えられ、洋一は怪訝に眉を寄せた

 鈴菜が連絡をしてきた時、北校舎の二階にいると言っていた

二人とも近い場所にいるだろうと思っていたが、これでは鈴菜の居場所がまったくわからない

あなたも好きかも:パチスロ ガルパン サバイバルウォー
 洋一は舌を打って棚を軽く殴り、目を泳がせた

あなたも好きかも:ゴリラ スロットル 交換
「……矢野が問題か……くそっ」《え? なに?》「矢野が一人でおまえを捜して、そのまま連れ去られたかもしれないんだ

連絡が取れない」 困惑げに教えながら、洋一はローションで濡れた髪の毛を掻きむしった

「やべーな……

大介もすぐ探しに行くって言ってっけど……どこをどう探したらいいのか……」 ためらい深刻さを露わに呟くと、《……ちょっと待ってて》と一旦話を切られ、洋一は「ああ」となんでもないことのように口を閉じていたが、《あんた! あとを付いてきてた子をどうしたのよ!?》 と、怒鳴り声と《バシッ!》と叩く音、同時に《うっ……》と男のうめき声が聞こえ、洋一は「……ん?」と顔をしかめた

あなたも好きかも:スロット 1000円で46枚
 ……なんだ今のは? テレビの音か? 向こう側でボソボソとした話し声は聞こえるが、内容はわからない

 戸惑い待っていると、《ごめん》と生美の声が返ってきた

《たぶん西校舎の六階にある資材室だって言ってるわ》 洋一は怪訝に瞬きを繰り返した

 さっきの“音”はテレビではない、ということか

つまり、さっき漏れ聞こえていた音は彼女らが発した音、ということになるのだが――「……、誰を捕まえてンだおまえ?」 普通ではない気配を感じて顔をしかめ問うと、生美は《ああ……》と思い出したような声を漏らし、ため息を吐いた

《しもべよ》 ――と、言われても状況が飲み込めない

 「……

し、しもべ?」とキョトンとした表情で繰り返すが、生美は戸惑う洋一に構うことなく続けた

《鈴菜のところに行くなら私も行くわ》 話を元に戻され、洋一は「あ、ああ……」と、気を取り直して頷いた