学園黙示録 highschool of the dead スロット

学園黙示録 highschool of the dead スロット

 ルウファは、全速力で飛翔した

強くなる一方の雨脚を黙殺し、地上すれすれを滑走するかのように移動する騎士へ、風弾を発射する

空気を圧縮して撃ち出した弾丸は、あっという間に騎士に到達したが、騎士には当たらなかった

騎士はこちらを振り返ることもなく回避し、さらに前進を続けた

あなたも好きかも:ベラジョン 出金方法
だが、回避したことで余計な動きが生じ、騎士とルウファの距離を縮めさせるに至る

ルウファはさらに風弾を連発した

シルフィードフェザーは周囲の大気を支配し、飛翔する

あなたも好きかも:バイオハザード パチンコ プレミア
その大気を練ることで弾丸にするのだが、そうやって撃ちだした風弾の威力はそこまで高くはない

しかし、牽制には十分すぎるほどに効果を発揮する

 風弾の雨嵐には、風のように疾駆する十三騎士も閉口したらしく、彼はようやく足を止めた

既に平原中央に近い

本陣まではまだ距離があるものの、ガンディア方面軍第四、第五軍団の目前に迫っていた

第四、第五軍団は、騎士団騎士とルウファの接近に驚いたことだろう

 ルウファは彼らに害が及ばないよう、敵騎士の動きを誘導しなければならないと考えた

通常戦闘ならば戦力として期待してもいいが、十三騎士が相手ともなれば、一切の期待は許されなかった

無為に殺されるだけのことだ

足止めにもなるまい

「一足飛びに王手というのは、甘い考えだったか」 騎士は、こちらを見るなり、ため息混じりにいってきた

酷く老いを感じさせる口調だったが、落ち着いているといってもいいのかもしれない