スロット 8000枚

スロット 8000枚

 一見すると騎士に見えるが、よく見ると背中には何かのタンクのようなものを2本も背負っており、その真ん中には小さな球体にいくつも細い円柱状の金属の棒を取り付けたような形状の”超小型フィオナ機関”を取り付けられているのが分かる

その超小型フィオナ機関は歯車を改造したような形状の物体―――――――装甲なのだろうか――――――――で保護されており、そのフィオナ機関からは魔力を伝達するためのケーブルが肘や脹脛へと伸びているのが分かる

 そのケーブルの行き先である肘や脹脛には、ブースターのノズルらしきパーツが取り付けられている

あれから炎を噴射して飛行するつもりなのだろうか、と思いつつ、双眼鏡を覗き込むのを止めた

 対空砲火で迎撃している暇はない

あのままの速度で落下すれば、十数秒でタンプル搭へと落下するだろう

 パラシュートを装備していないみたいだが、あの騎士たちはどうやって着地するつもりだ?『同志団長、攻撃許可を!!』「…………よし、攻撃を許可する

あなたも好きかも:パチンコ スレ
殺さないように迎撃せよ!」 いくら関係の悪化を防ぐためとはいえ、こちらの本拠地の上空に転移したステルス爆撃機から降下してきた”敵兵”を迎撃しないわけにはいかない

 それに、向こうは既にこちらの兵士たちに実弾で攻撃しており、何名か負傷者を出しているという

 命令を聞いた兵士たちが、岩山の足場などに取り付けられた重機関銃を空へと向け、落下してくる禍々しい兵士たちに向けて発砲した

あなたも好きかも:パチスロ 秘宝 伝 太陽 を 求める 者 達
重機関銃のでっかいマズルブレーキや、天空へと向けられた兵士たちのAK-15から立て続けにマズルフラッシュが噴き出し、銃声がタンプル搭に響き渡る

 もし仮にタンプル搭まで敵の航空機の接近を許してしまっても、タンプル搭の岩山にもレーダーサイトや対空ミサイルは配備されているし、2K22ツングースカも配備されているので、迅速に迎撃することはできる

けれども、あくまでもそれは通常の方法で接近してきた航空機を迎撃することを想定している

今回のように、数十人の魔術師たちに転移魔術を発動させ、爆撃機並みのサイズの機体をいきなり上空に転移させてきた場合は対処できない