まどマギ 叛逆の物語 スロット 導入

まどマギ 叛逆の物語 スロット 導入

 それが最も、面倒がないやり方だ」と有無を言わさずに、バウスマーから運ばれていく

足元だけを真紅の闘気で包んだバウスマーは暗闇の海上を滑るように走って行く

俺と女性は、その両脇に抱えられている

あなたも好きかも:咲 パチンコ 阿知賀 保留
「恐らくだが、いや、ほぼ確定だな

あなたも好きかも:スロット わからない
 君から私が取り除いた"穢れ"は……」バウスマーが呟くように、俺に話しかけてくる

「君が、かつて使った兵器たちのものとよく似ている」こいつは俺の記憶を、俺よりよく覚えているからタチが悪い

穢れで兵器と言えば……

「ローレシアン八宝でゲスか?」それしか思い当たらない

「使用者に呪いのような穢れを蓄積させるそれらは 君が先ほど行った世界で造られたものではないかね? または、あの世界の技術のようなものが、含まれていると 私は推測するが」「ドルナジャにもう説明を受けたんでゲスな」「いや、違う、君の頭の中に精神体を分割して 紛れ込ませ、一部始終見ていた」「……そういうアメーバみたいな真似を 軽々しくすんなでゲス」バウスマーは鼻で笑って「君も分裂体を二度ほど使用しているはずだがな

あなたも好きかも:パチンコ エンジェル 福岡
 ……とにかく、マイカさんは 君に、かつて君の友達がしたことの ケリをつけさせたいのではないかね?」「……」つまり、菅が集めたローレシアン八宝はあの世界と何らかの関りがあってそのために菅が開いたあの世界の扉を俺に閉じさせようとしていると言うことか?……いや、待てよ

「だとしたらドルナジャが知らないわけないよな?」そう口に出すと、バウスマーは大声を立てて笑い「むしろ今まで、よく、気づかなかったな

 さきほどまでの彼女の言動は、とても不自然だったのではないかな? 矛盾したことを言っていたり、慌てたり わざと怒って見せたりしてね

 あれは、ある種、無意識の贖罪だよ

言葉の節々に 罪の意識が濃厚にあると思うが」俺は大きくため息を吐く

あいつが今、考えていることが分かってしまった

「……自分はさっさと逃げて お前に解説を全てさせているんでゲスな」バウスマーは鼻で笑い、それには答えなかった

合っていたらしい