ブラックジャック 文庫本

ブラックジャック 文庫本

そして、降下すればするほど、近づけば近づくほど、その巨大さに圧倒されていく

ラングウィンですら巨大すぎてどうしようもなかったというのに、ラグナの巨躯は、それを遙かに上回るものだ

二倍どころの話ではない

あなたも好きかも:arms スロット テンプレ
(十倍は……言い過ぎか?) だとしても、ラングウィンの数倍の大きさなのは間違いない

 とにかく、巨大なのだ

 つまり、リョフ山よりも遙かに大きいということだ

丸まって寝そべっているだけでラングウィンに見た銀の山脈以上の大きさだった

いうなれば翡翠の山脈だが、その標高たるやどれほどのものか

あなたも好きかも:スロット 学園黙示録 high school of the dead
 セツナは、ラグナの寝床に降り立つと、その鼻先の巨大さに言葉を失った

あなたも好きかも:偽物語 カスタム パチンコ
(でけえ……) ただただ巨大だ

それ以外、思いつく言葉がない

 これまで、様々な巨大生物と戦ったが、それらを遙かに凌駕する大きさであり、巨人の末裔など、一呑みにしてしまうだろうことは明白だった

巨人どころか、十三騎士の真躯すら、いまや相手にはなるまい

いまのラグナは、あのときのラグナとは比べものにならない力を持っているに違いないのだ

 セツナは、ひとしきりその巨大さを実感すると、大きく息を吸い込んだ

そして、叫ぶ