テーブルゲーム 東急ハンズ

テーブルゲーム 東急ハンズ

 「後は、今週の日曜に野球部が試合の警備頼みたいって連絡が入ってる」「……申し訳ありませんが、山下さんと阿川君でお願い出来ますか

おそらく、お二人だけでこなせる警備状況と思います」 その山下さんと阿川君は素直に苦笑気味に頷き、自分達の端末にスケジュールを入力した

あなたも好きかも:同人誌 タイトル スロット
「明日の訓練スケジュールだけど

これで問題ないよね」 ケイは女の子から渡された書類に目を通し、何度も頷いた

「ええ、完璧です

予定通り講堂も抑えましたし、訓練中にパトロールをするメンバーには先に連絡をしておきました

あなたも好きかも:なのは 評価 パチンコ
後は、丹下隊長の最終許可を仰いで下さい」「浦田君、自警局から……」 てきぱきと指示を出していくケイ

  私が見慣れていた、我関せずと皮肉な笑みを浮かべる男の子はそこにはない

 でもそれは、私達が知っているケイのもう一つの一面でもあった

「忙しいみたいだから、向こうで待たせてもらうわ」「あ、はい」 私と女の子は、ケイ達を邪魔しないように静かに部屋を出た

     椅子に座ってぼんやりしていると、さっきの女の子がお茶を持ってきてくれた

あなたも好きかも:パチンコ 貯金 なくなっ た
「ありがとう

ごめんね、気使わせちゃって」「いいえ

私達こそ、雪野さん達にはご迷惑をお掛けしてますから」 女の子は私の前に椅子を持ってきて、何か言いたそうな顔でこっちを見てきた