パチンコ 演出 信頼 度

パチンコ 演出 信頼 度

「ええ、おそらくは氣功術を使ったんだと思います」「氣功術……あなたも氣功術の使い手と伺っていますが、氣功術はあんな一瞬で相手に影響を与えることができるのでしょうか?」 レオナルドからすると、そこが疑問だった

遠距離からの攻撃は警戒できていたはず

 なのに、それをあざ笑うかのように自分の急所……顎やみぞおち辺りに五連打をくらわされたのである

「それはーー」「ちょっとしたトリックを使ったんだよ」「一斗殿!?」「一斗、どうしてここに?」 今度は一斗がテントの中に入ってきた

あなたも好きかも:スロット 魁
「あぁ、マイのやつに言われてな

『ずっと治療をすると疲れるでしょ? 代わってあげてね』って、反論できない笑顔で言われてな

あなたも好きかも:グランブルーファンタジー カジノ 景品
まぁ、今回は俺のためにやってくれたことだし……さ」 頭をポリポリかきながら、バツの悪そう顔で私たちを見つめてきた

あなたも好きかも:火曜サスペンス劇場 パチンコ キャスト
「……かたじけない、一斗殿」 レオナルドは一斗の心情を察して、一斗の好意を快く受け入れた

「まぁ、肉体的なダメージはもうほとんどないだろうから、今日一日休めば良くなると思うけどな」 一斗はそう言いながら私と治療当番を入れ替わってくれた

 なので、確認しておきたいことを聴いておこうと思う

「それは、さっきの技と関係しているの?」「……そうだな

じゃあただ単に種を明かすんじゃつまらんから、二人には今から出すクイズに答えてもらおうか?」 一斗は一旦治療の手を止めて、右手で三本指を立てる

「それでは問題です

俺がレオナルドに技を仕掛けたのは、次の三つのタイミングのうちどれでしょう? ①戦い開始直後 ②カウントダウンを開始した直後 ③カウントダウンが終了する直前 どれだと思う、レオナルド?」 話を振られると予想していたレオナルドは、慌てることなく親指と人差し指で顎をはさみながら考えている

「……①はまずないと

となると、②か③のわけですが……③でしょうか?」「……その理由は?」「①ではないのは、最初の時点で仕掛けができているなら、いつでも決行するチャンスはあったはずでから却下です

 ②ではないのは、攻撃する仕草を見せていなかったから……といっても、こちらはあまり答えに自信がありませんね

結局消去法で③といった感じです」 ヤレヤレといった仕草をするレオナルド