ブラックジャック ふたりの修二

ブラックジャック ふたりの修二

だから「葛藤」が生じてもどう対処するべきかはすでにわかっています

 多くのノウハウは実用書やドキュメンタリー番組や情報番組などで入手するのですが、実際に役立つレベルにまで納得するには、いったん合点がいくまで突き詰めて考える必要があるのです

 なぜこの選択をすると「葛藤」が解決するのか

あなたも好きかも:パチンコ 店員 耳栓
 具体的に因果関係を明確にして納得していれば「葛藤」もしなくなります

あなたも好きかも:パチスロ 北斗の拳 転生の章 フリーズ
 多くの人は挫折や「失敗」から学びますが、「要領のよい人」は先人の知恵に学ぶのです

あなたも好きかも:台風10号 パチンコ
 しかし小説で「要領のよい主人公」はなかなか感情移入できません

 それは「主人公にはすでにノウハウがあって、悩まない」からです

 読み手に「ノウハウ」がないのですから、主人公とはかけ離れてしまいます

この距離こそが感情移入を妨げる溝なのです

 だから「要領のよい主人公」は小説に向いていません

 完璧超人な主人公にはワクワクもドキドキも感じない

 読み手と同じ「葛藤」を抱き、解決方法を模索する

ひとつの解答を得たらそれを試して成否をはかる

それで実践的な「ノウハウ」が手に入り、結果として主人公は「成長」していきます

すると読み手も「ノウハウ」を手に入れて「成長」するのです

 小説読みの動機のひとつが「葛藤」への「対処法」を知ることにあります