仮面ライダーブラック スロット 朝一

仮面ライダーブラック スロット 朝一

……いや、この状況に限定してという意味でだ

俺のあんな奏法では、絶対に他では通用しないだろうな

などと考えながら、ステージの端に座って気持ちの良い風に吹かれているとにゃからんてぃを頭に乗せたワハが近寄ってきた

あなたも好きかも:犬夜叉 パチンコ 継続率
「……えっとですねー

にゃかまんさん的には ちょっと上手くなるのが早すぎるから 今やったことは全て忘れて欲しいそうですー」「……お前の意図は分かった

頑張ってみるわ」ワハの頭に乗ったにゃからんてぃを見ると親指を出してグッと握った手を出してきた

中指を立ててはいないので、とりあえず機嫌は良いらしい

「俺はどこで、寝たらいいかな?」ワハに尋ねると「近くの空いていた屋敷を借りていますー」「案内してもらえる?」ワハは頷いて、にゃからんてぃを頭に乗せたまま俺をステージ裏から会場の外へと連れ出していく

魔族のスタッフが激しく出入りしている大きな屋敷の門を俺たちは潜っていく

あなたも好きかも:スロット アイムジャグラー 6号機 子役確率
スタッフたちは忙しいのか、気配を抑えてワハについていっている俺に気付かずにすれ違っていく

靴や草履だらけの玄関で靴を脱いで、他と混ざらないように靴箱へと入れる

長身の魔族のスタッフたちを避けながら屋敷の廊下をワハと共に歩いていき、奥の座敷へとたどり着く

「にゃかまんさんが、ここなら誰も来ないって言ってますよー」「すまん、助かる

休むよ」スーツの上を脱ぎながら言うと、ワハはニコッと笑ってにゃからんてぃと外へと出ていった