スロット ファン感謝デー

スロット ファン感謝デー

短い白髪が、培養液の中で触手のように蠢いていて生首の顔は、壮年の厳めしい男のものだ

威厳がある感じである

あなたも好きかも:等価交換 東京
社長とかやってそうだな

でも、生首だけどな……などと現実感の無い光景に訳の分からないことを考えていると、背中に何かが倒れてくる

サッと振り返ると、殴り掛かろうとする体勢で固まったままの鉄色の全裸の美射だった

「……」一緒に、ワープしてきてたからな

なんか、確か、この身体は物質を粉々にできる力があったよな……

あなたも好きかも:パチスロ 台移動 リセット
いま、誰も見てないし、いや、マイカたちは見てるんだろうがここでこいつに、トドメ刺してもいいんじゃないのか?あの煩い美射が、頭の中で喚いてこないってことはたぶん、精神体ごと固まってるんだよな?この物理体を消滅させれば、もしかしてこの俺の人生にとり憑いている悪霊を完全消滅させられるんじゃないのか?うーん……ちょっと、この身体の試運転もかねて……やってみるか

あなたも好きかも:パチンコ ゆめや 鳴門
変な体勢で固まった美射を床に横で寝かして、両手を翳していると頭の中に「君が、虚無の王の言っていた男か

 ようこそ、私が、このステーションの管制を司っている 有機システムだ」低い声の念話が響き渡る

後ろを振り向くと、巨大な生首が大きな両目を見開いてこちらを見下ろしていた

俺は念話は使わずに口で「どうも、但馬と言います

 なんで、俺はここに連れてこられたんですか?」培養液の中の巨大な生首は、微笑んで再び念話で「肝が据わっているな