ドラクエ 11 カジノ ジャックポット

ドラクエ 11 カジノ ジャックポット

「頭打っちゃうと意識ブッ飛んじゃうよ!」 確かにその可能性が一番高い

しかし、だからといってどうしたらいいのか、その先はわからない

あなたも好きかも:オンラインゲーム 音声チャット
 生美は焦り戸惑い舌を打つと一平を動かそうと手を伸ばしたが、白衣のポケットから着信音が鳴り、すぐに取り出し耳に寄せた

《どうしたっ?》「流……!! 一平の意識がない!!」 生美は悲痛な表情で一平の顔を覗き込みながら叫んだ

「粘着テープにくっついちゃって……! 倒れて! 頭を強く打ったのかもしれないの!!」 落ち着きなく目を泳がしながら告げる、その声に緊急を要すると判断したのか、反町は軽く舌打ちをしつつも冷静に切り返す

《血はっ? 外傷はっ?》「血は出てない!! ……どうしよう!!」《意識の確認をして! 名前を呼んで!》「さっきから呼んでる!! ……目を開けない!!」《動かさないように、どこか抓ってみて! 腕でもいいから!》「わかった!!」 言われたとおり、生美はすぐに手を伸ばして袖の上から一平の腕を抓ってみた

――だが、それでも一平の様子は変わらない

「……ダメ!! 起きない!!」《息は!?》「してる!!」《もっと強く抓って! なんなら腕を殴れ!》 生美は容赦なく、これでもか! というくらいの力でギュッと腕の肉を摘み捻ってみた

すると、「うっ……」と一平の喉から声が漏れ、顔が歪んだ

ようやく動き出した彼に生美は目を見開き、安心した、気の抜けた笑みを溢した

あなたも好きかも:スロット 珍古台設置店
「起きた!! ……よかった!!」 生美は、目を閉じたまま顔を歪める一平を見下ろして本当に嬉しそうに笑い、彼の頬を撫でた

「もう! ……心配掛けて!!」《まだ安心しないでっ》 携帯電話の向こうの反町から真剣な声色が消えない

あなたも好きかも:パチスロ ブログ ゴマ
《いいっ? とにかくそのまま動かさないでっ

また意識が無くなったら救急車を呼ぶんだっ

あと、吐き気とか起こりだしてもっ》 まだまだ安心の出来る状況ではないのだろう

生美は再び笑顔を消すと、「わ、わかったわっ」と真顔で頷いた

《名前を聞いたり、今日のことを聞いたりしてみてっ》 生美は声に出すことなく頷くと、背中を丸め、ボンヤリと目を開ける一平の顔を覗き込んだ