マクロス スロット

マクロス スロット

つまり、彼が目を通したという報告書は、ファリアがセツナに行った事情聴取を基に作成されたものであり、それがどういった経緯を辿ったのか、国王の目に触れたということに違いない

 彼女の所属する大陸召喚師協会なる組織が、ガンディアとどのような関係を構築しているかなど、部外者――それも異世界のただの学生――に過ぎないセツナにわかるはずもないのだが、どうやらただならぬ間柄にあるのだろうということは想像に難くなかった

 もちろん、セツナの考えが見当外れという可能性も大いにあるのだが

あなたも好きかも:パチンコ セブンスター いすみ市
「なにかな?」 対するレオンガンドは悠然としたものであり、気品に満ちた微笑で、思考停止から復帰したばかりのファリアを見つめていた

あなたも好きかも:スロット 逆プレミア
 そのまなざしは、赤の他人を見るようなものではなく、臣民に向けられる類のものとも違うようにセツナには感じられた

言うなれば、そう、愛しい妹にでも注ぐべきまなざしだった

あなたも好きかも:ブラックラグーン2 スロット フリーズ
 しかし、どう見てもふたりは似ても似つかず、血縁関係がないのは明白だった

無論、レオンガンドがファリアのことを妹のように可愛がっているという可能性については否定し切れないし、セツナの目まぐるしく回転する頭は、その考えを支持していた

「マルダールでの演習に参加されているはずの陛下が、どうしてこちらに?」 徐々に冷静さを取り戻していくファリアの口から聞かされた情報は、セツナにとっては当然初耳のものだった

国王が参加するほどの演習が、マルダールで行われているということだが、それはいったいなにを示すのだろう

 マルダールとは、セツナがファリアやエリナから聞いた話では、ガンディアにおいて王都ガンディオンに次ぐ規模の都市であり、この国の中で都市と呼べるのはガンディオンとマルダールだけ、というのがガンディア国民の共通認識だという

 城塞都市とも言われているらしいのだが、それ以上の詳しい話は聞けず仕舞いだった

 そもそも、マルダールが、ガンディオンが、といわれても、激痛と戦い続けなければならなかったセツナには、いまいちピンと来ない話だった

 無論、この世界についてなにも知らないセツナにとっては、国や街の情報ほど重要なものもないのだが、それにしたって、そのころは筋肉痛との死闘こそがすべてだったのだ

仕方がないといえば仕方がないだろう

「ガンディオンを発つ直前、カラン大火の報せを受けてね

居ても立ってもいられなくなったってわけさ」 と、レオンガンド