ブラックジャック 鯨に飲まれた男

ブラックジャック 鯨に飲まれた男

 ただ…そうね

今日は王太子殿下の生誕祭で、とっても忙しいでしょう?だからね…変な人が後宮に入ってきてしまったの

 でも大丈夫、ちゃんと追い払ってあげたから!さ、いつものように姉上と手を繋いで…お家に帰りましょ」 私は、全身の震えが止まらなかった

あなたも好きかも:パチンコ akasaka
 母も、姉も、女官も、女中も

皆優雅に笑い合っていたのだ

 王妃殿下の頭を足蹴にしながら…私に向かって、一歩一歩、近付いて来た…

「…あら、どうして逃げるの?母上ですよ?」「あ…うあ、ぁ…ひ…ぅ…!!」 彼女達が近寄る度に…私は、後退りする

あなたも好きかも:豊科 パチンコ バイト
だって、だって…!!「うふふ…」「ほほ…」「さあ…こちらにおいで?愛しい子…」 歯の根が合わず、ガチガチと音がする

あなたも好きかも:relics 意味
恐怖で涙が溢れ急激に私の体温は下がり、恐らく真っ青になっている事だろう

 怖い、怖い、こわい!!! 皆美しい笑みと甘い囁き声で、私に手を伸ばしてくるのだ

兄上達の血で真っ赤に染まった…白魚のような手を…!! 私の背中は塀にぶつかってしまい…もう、逃げ場は無かった

「つーかまーえたっ♡」「ああ…あ、ああぁ…!」 姉上がその両手でふわりと私を包み込む

いつも好きだった姉上の香水の匂いが…まるで血の匂いを隠そうとしているようで、堪らなく恐ろしかった

「…ぁ、げえ、うげえっ!!…ごほ…ぉ…!」「きゃっ!まあ大変、風邪でも引いてしまったのかしら!?早く少那を連れて行って!!」「か、畏まりました!!」 私はついに吐いてしまった

 彼女らの匂いが…蕩けるような笑顔が…甘い猫撫で声が…女性が、恐ろしくてたまらなかった…… フッ…と意識が消える直前…「…あら、眞凛がいないわ!?」 という…女中の焦った声が耳に届いたが…もう私は、限界だった

 私が目を覚ましたのは、それから1週間後の事であった

 その時には王妃殿下、命兄上の葬儀は終了しており…父上も凪兄上も、誰もが哀しげな表情をしていた

 2人を殺害した犯人は、逃走した眞凛という事に落ち着いた