ブラットプラス スロット 新台

ブラットプラス スロット 新台

流石に場所が場所であるためそれは殺傷能力のない、あえて言うならペーパーナイフに近い多少の切断能力しかないものだ

まあそんなものでも突き刺せば場合によっては相手を傷つける、いや殺すことも不可能ではないが……流石にアリルフィーラの身体能力ではいくら頑張ってもまともに相手を傷つけることは難しい

動かない相手に体重を乗せて思いっきり深く突けば殺せるかも、という程度だろう

あなたも好きかも:パチンコ 十条 駐車場
 もしその短剣を使うなら自殺用となるかもしれない

あなたも好きかも:ヴェルデ パチンコ
いや、自殺すら難しいものであるが……彼女のような戦闘能力のない人間、それも王妃という立場のような女性が持つ短剣となれば相手を傷つけるよりは自らを殺し利用できなくする目的となる事が多いだろう

自分の立場を理解し、誇りを持っている人物ならばそういうこともある

場合によっては貞操を守るため、ということもあるが

「公也様」 すっと、彼女は短剣を構える

あなたも好きかも:ブラックジャック 掛け方
「力をお借りしますね

"主を守る竜は守護の力

その爪は守るために振るわれる"」 アリルフィーラは短剣を持った手を振るう

「ごっ」「っ!?」 突如、何かに薙ぎ払われるかのように兵士が吹き飛び壁にぶち当たる

それはフィリアの目の前で行われ、フィリアはその一撃を見ることができた

それはまるで竜が爪をhるったかのような一撃だった……いや、竜というか、彼女からすれば見覚えのあるメルシーネの攻撃だった、というべきだろうか

当然この場にメルシーネはいない

そんな一撃を振るうことのできる相手はいない

「今のは……」 しかしフィリアは一応知っている

そのような力を振るうことができる可能性を持つ人物を