ファウスト スロット

ファウスト スロット

 エルミラードはわざとだ

 わざとノスフィーの魔法を受け入れ、わざと僕たちと邂逅し、わざと怪しまれるように動いている

おそらくは、いま口にした『いい機会』を得るためだろう

 大笑いするエルミラードを余所に周囲を見回す

 エルミラードの清廉な性格上、この市場に罠はないと思う

あなたも好きかも:パチンコ トータルイクリプス 甘 終了画面
しかし、ここでエルミラードたちと乱戦するのが本当に最善かと言われると頭を捻るところだ

相手が指定したかもしれない場所で、民衆の中に伏兵を置きたい放題

万が一がありえるシチュエーションだ

 そもそも、いまエルミラードは操られているだけだ

あなたも好きかも:b cubic オンラインゲーム
敵ではないのだから、もっと他にやりようはある

あなたも好きかも:パチンコ 清掃 バイト 名古屋市港区
そう考えたとき、ノワールちゃんが一歩前に出て、敵としか表現できない殺意を飛ばしながら叫ぶ

「――エルミラード! この男の相手は私です! 私が先です! 予約していたのですから、順番を守ってください!」「くっ……! 確かにそういう話があったな……! もちろん、エルミラード・シッダルクは順番を守る男だ! ノワール君、存分に一対一で決闘するといい! どうせ、すぐに負けるだろうから後ろで見ているよ! 僕はその次だ!」「は、はぁああア!? このキザ男っ、私が負ける前提でぇええ――……い、いや、落ち着け

落ち着け、ノワール

今回はあっちの黒いほうのキザ男を殺すことだけに集中すべきです

この復讐のチャンス、絶対にものにしなければ……!」 まさかの人数差の利を放棄し始める二人である

 ラグネちゃんの合流まで時間があるので、いまならば三対二の乱戦ができる

なのに、エルミラードとノワールちゃんは端(はな)からその考えはなかったようだ

「え、ノワールちゃんが僕とやるの……? それも一対一で……? それは……えっと、たぶん勝てないと思うけど……?」 エルミラードと違い、彼女とは本土北部で一対一をやったばかりだ