逆張り 2ch

逆張り 2ch

たまに愚痴が溢れるけど……」「そうね、もっと頼って貰えるようにならないと

愚痴はもっと言って欲しい……もっと弱音を吐いて欲しいところだけどね

これも時間をかけて、乗っかってる責任をちょっとずつ取り払って差し上げれば解決よ」 おうおう、相変わらず頼もしくてかっこいいこと言うなお前は

そりゃ理想はそうだけど……仮にも相手は今お前が言った責任をきっちり背負って戦ってる大人気政治家大魔導士巫女様だぞ…………? 今朝のだらしない顔の甘やかしてくれるお姉さんじゃないからな? そこんとこわかってるか? まあわかった上で言ってるんだろうけどさ、こいつの事だから

「取り敢えず研究所に行って…………あの鱗の事、ちょっとでも手伝わないと

私は一度それを諦めてしまったけど、確かに人手も設備も整ったここなら可能かもしれない

あなたも好きかも:めぞん一刻2 スロット メーカー
きっと元の人間に戻す方法を見つけてみせましょう!」「おう、俺に出来ることってあんま無いけど……手伝えることあったらバンバン振ってくれ

あなたも好きかも:爆サイ 長野 パチンコ
いや、本当に簡単な……それこそ手元のゴミを捨ててきてくれとかでも良いから使ってください

疎外感すごいんだからな……いつも…………」 ついつい泣き言をこぼしてしまいがちな魔術関係のお話の時間

手伝える事はそりゃ殆ど無いけど、だからってただ突っ立ってるのは辛いんだ

ミラは困ったように笑って、それじゃあずっと肩でも揉んでてもらおうかしらなんて笑った

へい喜んで! 肩でも首でも腰でもなんでも、マッサージくらいいくらでもやるとも

まあ……気持ち良いかは保証出来ないけどな

子供の頃数回父さんの肩を揉んだり足を踏んだくらいなもんで…… やれる事は少ない

あの人のためにとなればもっと少ない

けれど……今はその小さな積み重ねに全力で取り掛かろう

所員に挨拶をしてミラは早速作業に取り掛かり、僕は本当にミラの側で資料を持っているだけの係を務めることになった

もっと上手いこと使ってくれ…………っ

空気の避ける音が轟いた