必殺仕事人 スロット

必殺仕事人 スロット

昼寝なのかどうか

 それはともかく

(ひと……?) ミリュウは、鋼鉄の獣の群れの中にあって、たった一体、極めて人間に似た姿形の存在を見出し、仰天した

というのも、その人間によく似たものは、彼女が獣たちを観察している最中にはいなかったからだ

ミリュウは、鋼鉄の獣だけを注視していたわけではない

あなたも好きかも:鴨居 スロット 2ch
その周辺にも注意を払っていたし、なんなら湖の対岸に至るまで警戒を張り巡らせていた

 鋼鉄の獣とはまったく異なるその人物を見逃すはずもない

 つまり、頭がひとつ、胴体からは二本の腕をぶら下げ、細身の腰から長い二本の足を生やしたそれは、ミリュウが湖岸から視線を逸らした隙にそこに現れたということになる

あなたも好きかも:パチンコ 前田慶次 歌
 ミリュウが警戒を新たにするのは、当然だった

あなたも好きかも:忍魂 パチスロ
 それもまた、獣たちと同じく、鋼鉄の皮膚を持っているようだった

鋼鉄の獣の群れに混じりながら、獣たちとはまるで無関係であるかのようにこちらを凝視するそれは、極めて人間に酷似している――一見、そのように思えたのは、やはり、二本の足で立ち、胴体があり、二本の腕と、ひとつの頭を持っていたからだろう

しかし、よくよく注意して観察してみると、人間と似て非なるものであることがはっきりとわかってきた

 まず、全身だが、金属質であるらしい

金属製の甲冑を身に纏った人間とは明らかに異なるのは、その足首の細さだ

足首のみならず、足全体が甲冑を身につけている人間にはありえない細さであり、それは足以外の全体的にいえることだ

腰も、胴体も、肩も、腕も、首も、頭部すら、全身に鎧や兜を身につけた人間ではありえない質量に纏まっている

頭部だけは、小顔の人間が剃髪し小さな兜を被ればなんとか真似できそうだが、首のありえないくらいの細さからして、人間であるわけもない

 全体としては、より洗練された甲冑が細く纏まったもの、とでもいうような印象を受ける