3章 カジノ

3章 カジノ

「わかりました

還俗するならば、星結びの儀式で貴族達が集まっている時に発表したいそうです

還俗して、領主命令で神官長として神殿に入り、その後は正式にわたくしの後見人になると伺いました」 ふむふむと聞いていた神官長が、後見人という言葉でちらりとわたしを見て、軽く眉を上げ、唇の端を皮肉っぽく上げた

「……君の後見人か

還俗は早まったかもしれぬな」「どういう意味ですか? わたくしの後見人という立場は養父様が提示した利点を全て吹き飛ばすほどの欠点だということですか?」 ふんぬぅ、とわたしが睨むと、神官長は面白がるように金色の目を細めて、フンと鼻で笑った

「そういう意味だ

あなたも好きかも:パチンコ エヴァx
君は次々と想定外の面倒事を持ち込むではないか

あなたも好きかも:パチンコ あの花 設置店
ジルヴェスターの補佐と君の後見人、どちらか楽か、難しいところだ」 悔しいけれど、否定できる要素が一つもない

 それにしても、わたしって、神官長にとっては養父様と同レベルの困ったちゃんだったのか

初めて知った

……いきなり人の頬を突いて「ぷひっ」と言わせるような人と同じレベルって、ちょっとショックだ

あなたも好きかも:多賀城 スロット 優良
  領主夫妻が帰ってきました

 そして、手紙の主はジル様のお姉様でした

 次回は、星結びの儀式です

神殿に戻ってから、城での販売日に向けて印刷物を揃えたり、時間や場所について調整したり、ブリギッテの衣装の仕上がりを見たり、ハッセの様子を見に行ったり、めまぐるしい日々を過ごしていた

 そして、星結びの儀式を目前に、神殿では神官長の還俗の儀式が内々に行われ、星結びの儀式の終了後にはまた神官長として戻ってくることが伝えられた