スロット ドル箱

スロット ドル箱

「————はて、珍しい事があるものだ

来客同士で揉めるか、それも余の屋敷の目の前で

なんと、いつか見た愚か者の顔まである

ほら見ろ、余の感じた凶兆はすっかりそのまま的中したではないか」 子供の声がした

まだ声変わりもしていない、幼い少年の声

自信に満ちた、威厳あるこの街の長の——僕らに道を指し示してくれた魔術翁の声だった

あなたも好きかも:high school of the dead スロット
付き人に笑いかけながら、彼らは北から姿を現した

あなたも好きかも:スロット 岡崎
「さて、翁を呼ぶ声……いいや

怨嗟の叫びが聞こえたが……知らぬ顔だな

どこぞで怨みを買う様な事は無かったと思うが……其方らの知り合いか? 久しいではないか、ハークスの

それから、ええと……」「あ、アギトです

あなたも好きかも:オフミー スロット
どうも、その節は……って、そんな呑気に挨拶してる場合じゃなくてですね⁉︎」 おお、そうだった