カブトムシ ゆかり スロット

カブトムシ ゆかり スロット

「ギル、もし、工房にルッツかレオンがいるなら、呼んで来てちょうだい

お店の方にも見学のことは伝えた方が良さそうだもの」「今日は両方いるから、呼んでくる」 ギルはそう言って、身を翻した

 ルッツやレオンが入ってこられるように、わたしは一階のホールへと移動し、他の側仕え達はその辺りの空になっている木箱を男性側仕え用の部屋へとひとまず押し込んで、見た目を整えていく

あなたも好きかも:パチンコ ヒロシヤング
「よぉ、マイン

帰ってきたんだな」「ルッツ、久し振り!」 わたしはダッと走って、ぎゅーとルッツにしがみついた

あなたも好きかも:スロット ゼータ フォウ セリフ
正直、これだけ長い間ルッツと離れていたのは初めてだ

あなたも好きかも:ロカビリー・ウルフ
「もう色んなことがありすぎて疲れたよ」「そっか」 わたしがルッツ分を充電していると、ルッツの後ろから嫌そうな声が響いてきた

「そういうベタベタは後回しにして、俺まで呼ばれた理由を説明して頂けませんか?」「あら、レオンもいたの?」「部屋に入ってくる時からいましたが?」 レオンはギルベルタ商会のダプラで、冬の間、フランの給仕教育を受けていた少年である

もうそろそろ成人という年頃だが、やや背が低いせいで大人びた物言いをする少年という印象が強い

 ベンノがダプラ契約をするくらいだから、仕事に関しては間違いなく有能だが、わたしがルッツに甘えていると当たりが厳しいところがあって、ちょっとムッとすることが多々ある

「わたくし、別にレオンにお話はありませんけれど?」「マイン、ギルベルタ商会にとって大事な話なんだろ?」 ルッツに落ち着け、と頭を撫でられて、わたしはゆっくりと息を吐く

それでも、ルッツからは離れず、レオンを見上げた

「明後日、神官長と青色神官の一人が孤児院と工房の見学にいらっしゃいます