ウィアード・サイエンス

ウィアード・サイエンス

 重力に潰され、震動に揺れる

そして様々な武器で撃ち抜かれ、凶悪な雨が炎を消し去る

それらの攻撃を受けたとあらば、流石のロキもそれなりのダメージは受けるだろう

『……ッ

成る程……今の私では実力が足りないようだ

これがあの少年の言っていた支配者達の実力か……!』 身体を炎の状態から解き、人の姿となって無理矢理その場から離れるロキ

 支配者という存在を詳しく知らなかったので実力もある程度しか分からなかったのだろうが、目覚めて二日目のロキにとってはかなり荷が重かったようだ

あなたも好きかも:ガーデン 朝霞台 スロット
 自身の鈍《なま》りを実感しつつ、能力の相性的にも不利と判断したロキは改めてシヴァたちへ向き直る

あなたも好きかも:オンラインゲーム chaos
『どうやら、私は少々お前達を侮っていたようだ

少々ブランクもある

そろそろ別の場所へ向かおうかと思う』「「逃がすか!」」「逃がしません!」「逃がさないわ!」 そのまま立ち去ろうとしたロキ

シュタラ、ズハル、ウラヌス、オターレドは逃がさぬ為に後を追いつつ、更なる力を込めて兵器

あなたも好きかも:大都 スロット アプリ
豪雨を放った

 それらは先程までの攻撃と比にならぬ力が込められており、速さも破壊力も申し分の無い攻撃だった

『一つ言い訳をしよう

私は昨日の今日で疲れがあるからな

今日は最初から全くの本気では無かった