ブラックジャック ato6

ブラックジャック ato6

ちょっと無茶させた分、お馬さんを労ってやりたい

 着いた町の灯りは、電気や蛍光灯とは違い、魔石やランタンなどでぼんやりと光っている

漆喰壁で造られた家々の中からゆらりと見られる

これも正(まさ)しくファンタジーを感じる瞬間ではないだろうか

あなたも好きかも:白ロム とは スロット
 何というかロマンチックな明かりって言えばいいのかな? 物思いにふけていると声をかけられる

アイシアからだ

「じゃあ私達はここだから……」 馬車からすたっと軽く飛び降り、ジャリっと砂をこする音を鳴らすアイシアに対し、ゆっくり降りるリュッカ

「すいませんけど、ホスキンさんをお願いします

あなたも好きかも:コードギアス パチンコ 購入
宿屋に予約入ってた筈なんで……」 そのホスキンは荷馬車から身体を少し乗り出すと心配そうな顔する

「大丈夫かい? ギルドにはやはり一緒に……」「大丈夫です、ホスキンさん

確認をするだけですから

それより怪我の方が心配ですから安静にしてて下さいね」 リュッカが優しく諭(さと)すと、分かったよとまだ少し心配そうだが、身体を引っ込めた

「じゃあ、とりあえずここでお別れだね」「うん

あなたも好きかも:とある パチンコ 増台
今日は本当に助けてくれてありがとう

次に会うのは王都かな?」「どうだろ? もしかしたらまたこの町で会うかもね」「そうかも」 軽く笑いあった