戦国恋 パチンコ

戦国恋 パチンコ

 それでも、ファフナーの待遇はもう少しよくならないかと思っているようだ

 僕たちが最後に見たファフナーの姿は、素足で世界樹を背中に本を読んでいる姿だった

その周りには何もなく、暗闇と冷たい土だけ

次にファフナーのところへ訪れるときは暖かい明かりとなるものを持っていこうかと思ったとき、階段の終わりが見え始める

 ようやく最上階までやってきたようだ

 ずっと登ってきた階段が途切れた

 最上階の回廊は簡潔な一本道で、ここまでの階と違って過剰な装飾はない

あなたも好きかも:パチンコ ドンキホーテ 嘘
 ゆっくりと僕たちは最後の回廊を通り、最上階に一つだけしかない部屋の前に辿りつく

あなたも好きかも:パチンコ 出る 出 ない
 この扉も装飾といった装飾はなく、少し大きめな木製のものだ

あなたも好きかも:ぐれいす パチンコ
「――着きました、カナミ様

ラグネ様も中へどうぞ」 そこが目的の場所であると代表の騎士は告げた

 そして、この先は畏れ多いといった様子で、案内の騎士たちは全員扉から大きく離れていき、一礼する

 部屋に入れるのは僕……それとラグネちゃんだけらしい

 『天上の七騎士(セレスティアル・ナイツ)』の総長である彼女は、他の騎士と別格であることが窺える

 僕は遠慮なくラグネちゃんを連れて、部屋の扉に手をかけた

 古めかしい頑固そうな扉かと思ったが、とても軽く、木製特有の軋みもなく、非常にスムーズに開かれていった

 扉の先へ

 部屋の中へと入って、あたりを見回す

 そう広くはない空間だ