テーブルゲーム 背景

テーブルゲーム 背景

「たぶん、その誘いに乗っていたら、もっと強くなれたんでしょうね

それこそ、アズマリアを出し抜くことくらいはできたかもしれない」 ファリアは、深く、思いつめたような声で続けた

彼女の考えていることなど、セツナにはわからない

ただひとついえることは、彼女は、いまもアズマリアへの復讐心を捨てきれていないということだ

あなたも好きかも:南森町 パチンコ 会社
「でもその場合、わたしがここにいるわけもないから、結局、アズマリアと遭遇することなんてなかったんでしょうけど」 彼女の思いが行き着くのは、そこだ

 アズマリア=アルテマックス

あなたも好きかも:one piece film gold バカラ
 紅き魔人は、彼女の父の命を奪い、彼女の母の体を奪った

父の敵を討ち、母の無念を晴らすことが、彼女の使命であり、人生目標だったのだ

アズマリア討伐の任務からは外された、ということだが、個人の感情が消え去るわけではない

 復讐心が薄れるはずもないのだ

 セツナは、ファリアのことを想いながらも、場の空気を変えるつもりで口を開いた

「そして、俺は死んでいる、と」「なんでそうなるんです?」 レムが怪訝な顔をした

彼女が使用人の服装なのは、戦闘行動中ではないから、としかいいようがない

「知らなかったっけ? ファリアは俺の命の恩人なんだよ」 セツナが告げると、当のファリアが驚いたような顔をした

「まさか、忘れてたんじゃないよね?」「そんなことないわよ

ただ、もう随分昔の事のように感じてね……」「たった半年かそこらの話なのにな」 あれから、色々なことがあり過ぎたのだ

たった半年前の出来事さえ風化してしまうほど、様々な事柄に遭遇したのだ

忘れかけたとしても、しかたのないことだったのかもしれない